FC2ブログ
プロフィール

ratta

Author:ratta
rattaの性別:Male
rattaの年齢:30代後半
rattaの仕事:職種は、IT系。好きなOSはリナックス。
rattaの趣味:読書・映画・バイク・ジムでランニングと水泳。
rattaの特技:マインドマップをちょいと描きます。それとフォトリーディングを少々。

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ユーザータグ

マインドマップ フォトリーディング 神田昌典 お金持ち ポール・シーリィ 勝間和代 グーグル 

カテゴリー

アド

FC2カウンター

最近の記事

ikow

アド

読んで、聴いて、触って感動 by ratta
■マインドマップ→フォトリーディング→次は何?■マインドマップのセミナーを受けてから、加速度的に変化してってる気がします。INPUTしたものをどんどん発信!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書物】『神話の法則』を読んでから『神話の力』ジョーゼフ・キャンベルを読んで驚く
ちょっと前にオーディオブックで岡田勲さん×神田昌典さんの対談を聞いて大変面白かったので、『神話の法則~ライターズ・ジャーニー~』をフォトリーディング。

一気に読んだけれど、ヒーローズ・ジャーニーの物語の構成が映画の要素と比較分析されて面白いように解釈できて非常に興味深かった。

で、『神話の法則~ライターズ・ジャーニー~』に影響を与えているジョーゼフ・キャンベルの著書『神話の力』を読んでみました。

が、こっちがさらに面白かった。というか自分にとってはここ数年来のでは大ヒットの良書でした。
「人間にとって神話とは何か」の答えが、このキャンベルの『神話の力』から読み取れるかどうか、がこの本を理解したか否かの分かれ目になると思います。ジャーナリストで博学のビル・モイヤーズとの対話で、キャンベルは「人間にとって神話とは何か」を熱心に語っています。ただ彼の語る「神話」を真に理解できるかどうかはこの本の読者次第だと思います。

人間にとって神話とは何か、を理解することは、現代人にとって神話や昔話、歴史、物語、映画、小説、演劇、歌謡、その他もろもろの「ストーリー」が何なのか、を理解する鍵になると思います。神話をただの昔の娯楽だと考えていると痛い目にあうとおもいます。

神話を読むことは、そのまま生きている経験をすること、ということです。

現代においては、かつての神話ではなく、さまざまなストーリーがその役割を知らず知らずのうちに担っていると思いますが、けれども「物語を持たない」ひとは、エトスの欠けた振る舞いしかできないひとになってしまうかもしれません。神話(あるいはストーリー)には内面的な価値そのものがあるということです。この気づきは少なくとも自分にとってとても大きいです。

「ストーリー」の重要性については、前に書いたダニエル・ピンクの『ハイ・コンセプト』でも力説していましたが、その「ストーリー」が分かるためにも「神話」の理解は重要だろうと感じました。

あまりにも面白かったので、『千の顔を持つ英雄』上下巻も購入してしまいました。この本は『ハイ・コンセプト』でも紹介していましたね。


【お役に立てましたら幸いです】
ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akiiblog.blog45.fc2.com/tb.php/37-3d23f89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

((お知らせ))

アド

アド

QRコード

QRコード

メールフォーム

疑問、質問、お問い合わせ、なんでも!

名前:
メール:
件名:
本文:

アド

アド(ヤフー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。